読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマスタ!

人生をスマートに!スタイリッシュに!

【docomo】シェアパック5に変更後の4月のスマホ料金

久々のブログの更新になります。

4月からシェアパック5のプランが選択可能になりましたよね!!シェアパック5に変更してから4月のスマホの料金がどうなったか公表したいと思います♪(少し遅くなりましたけど!笑)

4月料金

シェアパックに変更してからの私のスマホの値段はこちら!!

3,814円!!

安い!!すっごい安い!!自己最高の安さ♪

内訳を言いますと

カケホーダイライト:1,700円
パケット:6,500円
SPモード:300円
ケータイ補償:750円
dマガジン:400円
月々サポート:-6,642円
eビリング:-20円
その他(SMS):50円
ユニバーサルサービス料:2円
消費税:774円
合計:3,814円

となっています!!

まぁこの安さは月々サポートが6,642円もあってのこそです。6,642円の月々サポートですが、本来の月々サポート以外に4,644円分の月々サポートを子回線から補填している状態です!

普段であればこんな料金にはならないですし、この料金で使えるのも残り数ヶ月です(^^;;

ちなみに、3月は8,939円でした!

パケットを安くした分トータルでも安くなっていますね♪

スポンサーリンク



安くなったけどパケット消費はやはり気を使いましたね

これだけ安くなったので大満足ではありますが、シェアパック15 → シェアパック5に変更したことでパケットの使用量も5GBと減ったのでこれまでと同じような使い方ではダメ。

なので

  • 家ではWi-Fiを使い
  • 外では出来る限り容量のパケットを消費するような使い方はしない

など気を使いましたね。

ただ、その甲斐もあり、6GB以内で収まりました♪

※ちなみに私はiPhoneボーナスパケット1GB分がついて合計6GBになってます!

最後に

月額5千円以内に抑えるという総務省の要請で始まったプラン。auもソフトバンクもデータ容量1GBの非現実的なプランを用意してその要請に応えた形になりました。

auやソフトバンクの非現実的なプランとは異なり、docomoはシェアプラン5を用意する事で一人当たり5千円以下にする事でこの要請に応えた形になります。今回のように色々と技を使えば実現出来るプランになりましたが一人では基本的には5千円以下にするには難しいですよね。