読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマスタ!

人生をスマートに!スタイリッシュに!

DSDSが面白い♪DSDS対応機種でキャリアSIMと格安SIMを組み合わせる事で維持費を安くしよう♪


私は海外版SIMフリーXperia XZ(F8332)を使っていますが、DSDSなのでSIMを二枚挿して使っています♪

このDSDSがほんとなかなか面白いので今日はその事を記事にしたいと思います♪

DSDSとは

DSDSとはそもそも何だ?

「DSDS」とは「Dual SIM Dual Standby」の頭文字も取って表現されているものになります♪

簡単に言うとSIMカードを同じ端末に二枚挿せると言う事です♪

そのため、端末からは電話番号を2つ認識します♪

DSDSのメリット

仕事用とプライベート用を分ける

二枚SIMカードが挿せると言う事は電話番号を2つ持てると言うことになります♪

そのため

  • 1枚目はプライベート用のSIMカードを挿す
  • 2枚目は仕事用の番号のSIMカードを挿す

という事が出来ます!

あらかじめ設定でどちらのSIMを優先して使うのかを決めておきます!

「毎回確認する」を選択しておくと、通話アプリを立ち上げて相手の番号を選んで電話する際に、どちらの番号で発信するか聞いてきます♪

プライベート用と仕事用とスマホ2台持ちが基本かと思いますがDSDS対応機種だと一台で収まります♪

キャリア格安SIMカードと組み合わせ可能

キャリアのSIMカードとMVNOの格安SIMを挿して使えます♪これが個人的にはDSDSの最大メリットだと思っています!!

◆1枚目のSIMカード
→通話定額音声用に契約

◆2枚目のSIMカード
→データ契約の安いMVNOで契約

というような使い方が出来ますので通話は音声定額を提供しているキャリアで契約して使用!データ契約は割安な料金であるMVNOで契約して使用!という事が出来ます(^O^)/

実際に私は一枚目にdocomoのカケホーダイを契約しているSIMを指して、二枚目にmineoのデータ専用SIMを指してます。

スポンサーリンク



維持費が安くなる

キャリアのカードとMVNOの格安SIMが組み合わせが可能な事で維持費が安くなります♪

音声はdocomoのカケホーダイ、データ通信は格安SIMの場合の維持費

カケホーダイのdocomo 2,700円
mineoのデータ通信専用(3GB) 900円
合計 3,600円

合計で3600円+税となります♪

データ通信を5GBとしたとしても

カケホーダイのdocomo 2,700円
mineoのデータ通信専用(5GB) 1,580円
合計 4,280円

合計で4,280円+税となります♪

docomoで普通に5GBのデータ容量で契約した場合の維持費

基本料金 2,700円
SPモード 300円
データSパック 5,000円
合計 8,000円

と合計8,000円+税になるので、格安SIMとの組み合わせの倍近い金額になります

データ契約にオススメなのはmineoになります♪


☆『mineo Dプラン シングルタイプ 5GB

DSDS対応機種

DSDS対応機種で私のオススメを紹介します♪

海外版SIMフリーXperia XZ(F8332)


Xperiaのフラグシップモデルとして人気の高いXperia XZの海外版になります♪

私はイオシスで海外版SIMフリーXperia XZ(F8332)を購入しました♪

www.sma-stylish.com

www.sma-stylish.com

ZenFone3(ZE520KL)


ZenFone3(ZE520KL)もDSDS機種になります♪さらにZenFone3(ZE520KL)はauVoLTEに対応可能な機種になります♪

国内モデルではなく海外モデルは少し安いです。ただし技適がないですが。

ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)


ちょっとデカいですがこれもDSDS機種になります♪

www.sma-stylish.com

最後に

DSDSはこれまで大手キャリアは対応してこなかったのであまり馴染みがないですが、なかなか面白くて便利な機能だと思いますよ♪