読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマスタ!

人生をスマートに!スタイリッシュに!

総務省がスマホ販売の新ガイドライン制定!SIMロック解除短縮や短期間割引の是正など


総務省がスマホ販売に関しての新ガイドラインを発表しました。

ガイドラインはこちら!
総務省|モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドライン についての意見募集の結果

このページの中の別紙4が概要及び適用時期になります。

別紙4がこちら!

気になったところを今日は記事にしたいです。

SIMロック解除期間について

まずはSIMロック解除についてですが現行の購入日から180日というものを

分割払いの場合
100日程度に短縮。
適用日:平成29年8月1日〜

一括払いの場合
支払確認出来るまで。
適用日:平成29年12月1日〜

としています!一括払いは平成29年12月1日〜とは言わずにもっと早くから適用すれば良いのにと思います!

スポンサーリンク



MVNO向け即時SIMロック解除

これはdocomoはすでに実施していますよね。docomo版Xperia XZに楽天モバイルやLINEモバイルなどのdocomo系ネットワークサービスを提供している会社のSIMカードを挿せば、APN設定さえ行えば普通にインターネットが出来ます。

それに対して、auやソフトバンクはMVNOにもSIMロックをしています。

auを例に出すと
auにはauネットワークサービスを提供している会社として、UQ mobileがあります。このUQ mobileのSIMカードをau版Xperia XZに挿してもインターネットは出来ません。

理由はauがauのSIMカードでしか使えないようにロックしているからになります。今回、総務省が出した新ガイドラインではこれをMVNO向けSIMロックの廃止が盛り込まれています!

適用日:平成29年8月1日〜

週末や月末安売りの原則禁止

また、気になったのは1ヶ月未満の短期限定の臨時割引増額の是正です!

これまで週末や月末などは安売りの施策が実施されてきました。それを是正する事が新ガイドラインでは盛り込まれています。

これまでは週末や月末にキャッシュバックの増額を行う施策が良く実施されていましたがこれが恐らくなくなるのでしょう。

最後に

総務省は何がしたいのか本当に疑問です。SIMロック解除はまぁいいとして、実質値上げを支持するとはなぜでしょうかね?!

本来の目的は高過ぎる通信料金を是正するためではなかったのでしょうか?!キャッシュバックや一括0円、実質0円の原資が高過ぎる通信料金の要因となっているのであれば、こうした端末価格の値上げの是正だけでなく、通信料金の引き下げの指示も必要なのではないでしょうかね!