読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマスタ!

人生をスマートに!スタイリッシュに!

【docomo】「MONO MO-01J」の端末価格は衝撃の一括648円!


docomoから2016-2017冬春モデルと発表されたdocomoのオリジナルブランドとして初めて発売される「MONO MO-01J」について記事にしたいと思います!

実質価格ではなく一括価格648円!

「MONO MO-01J」についてはすでに2016-2017冬春モデルの発表の中で一括価格648円と公表されています!

これは破格の値段設定!

これまでは実質○○○円みたいのはよくありましたが、今回は発売と同時に一括648円です!!

機種変更でも、新規契約でも、MNPでも端末価格は一括648円になります!!

実質価格と一括価格の違い

ここで少しだけ実質価格と一括価格の違いについて説明しておきます。

実質価格とは
端末の価格から月々サポートを引いた金額の事です!

iPhone7 32GBを例にすると

端末価格 82,296円(税込)
月々サポート 55,728円(税込)
実質価格 26,568円(税込)

実質価格は26,568円(税込)という事になります。ただ注意が必要で月々サポートは一度に適用されるのではなくて、24ヶ月間に渡って適用されます!

iPhone7 32GBの端末価格が26,568円になるのではなくて、2年間端末を使い続けて、24ヶ月分の月々サポートを全て適用を受けて、結果的に26,568円(税込)になるという事になります!

一括価格とは
それに対して一括価格はその名の通り、端末価格の料金の事です!

なので、今回の「MONO MO-01J」は一括648円というのは、実質価格のように2年間に渡って月々サポートを適用させて、結果的に648円になるのではなくて、本当に一回で支払う料金の事、つまり端末価格そのものが648円という事になります。

なので、実質○○○円と一括○○○円というのは同じような言葉になりますがその意味は全然異なります!

スポンサーリンク



648円には、見合わない中々のスペックを持ったスマホ

端末価格が648円なので、そのスマホはおもちゃのようなスマホなのかと思いましたが、なかなかのスペックを持ったスマホになっています!

OS Android 6.0
ディスプレイ TFT液晶HD(720×1280ドット)
CPU オクタコア
RAM 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ 最大128GB
リアカメラ 1330万画素
バッテリー容量 2440mAh
ハイレゾ 対応

2万~3万円のミドルスペックと言われるスマホと同様の内容になりますね♪「安かろう悪かろう」ではなくて安くて本当に良い品質のスマホになります!!

安いには理由があります!

ミドルスペックのスマホが機種変更でも、新規契約でも、MNPでも一括648円という破格の価格設定についてはその理由があります!

「MONO MO-01J」は端末購入サポート対象機種になっています!

端末購入サポートについては端末価格が安くなる分、

  • 月々サポートがない
  • 規定利用期間の間は機種変更出来ない
  • 割引額返還(解除料)がある

というデメリットがあります。

特に注意が必要なのが「規定利用期間の間は機種変更出来ない」がネックです。また規定利用期間がややこしいです!

規定利用期間は

購入日もしくは開通日の翌月1日から起算して12か月

と定義されています。これが少しややこしくしていて、「MONO MO-01J」は2016年12月上旬発売とあるので販売と当時に購入した場合は契約した翌月1日からが起算月になるので2017年1月から12か月を計算。

すると2017年12月には12か月を迎えます。しかし、さらに翌月も継続して契約する必要があるので2018年1月いっぱいまでは継続契約が必要。

表にすると以下の感じ!

年月 規定利用期間 契約期間
2016年12月 - 1ヶ月
2017年1月 1ヶ月 2ヶ月
2017年2月 2ヶ月 3ヶ月
2017年3月 3ヶ月 4ヶ月
2017年4月 4ヶ月 5ヶ月
2017年5月 5ヶ月 6ヶ月
2017年6月 6ヶ月 7ヶ月
2017年7月 7ヶ月 8ヶ月
2017年8月 8ヶ月 9ヶ月
2017年9月 9ヶ月 10ヶ月
2017年10月 10ヶ月 11ヶ月
2017年11月 11ヶ月 12ヶ月
2017年12月 12ヶ月 13ヶ月
2018年1月 - 14ヶ月
2018年2月 - 15ヶ月

2017年12月で規定利用期間が満了!規定利用期間の間は満了月に変更しても解除料金は発生しますし、翌月からの変更の予約を申し込んでも解除料が発生します!

そのため、変更するなら翌月の2018年1月以降!つまり14か月目からはプラン変更可能ですが、月途中でプラン変更しても日割りにはならないので継続期間としては14か月分が必要となります。

14ヶ月間の間は解約はもちろん、機種変更すらできないので注意が必要です!

最後に

発売と同時に、しかも、ミドルスペックのスマホが一括648円と衝撃価格ですし、docomoオリジナルブランドなので力を入れているのはわかります!

ただ端末購入サポート機種という事なので、一括料金が安いからと安易に飛びつくのは注意が必要そうですね。